エイジングケア女子のひとりごとブログ

トップページ > 先日、毛穴の黒ずみ対策として、ク
ページの先頭へ

先日、毛穴の黒ずみ対策として、ク

先日、毛穴の黒ずみ対策として、クレンジングを新しいものに変えました。
地中海の泥が配合されているクレンジングで、これを使って優しくマッサージするように洗うと、毛穴に詰まった汚れがしっかり取れるそうです。

そしてしばらく使い続けているうちに、くっきりと目立っていた黒ずみが薄くなってきました。そうして、早く顔中の毛穴にある黒ずみをなくしたいと思います。
湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層の重なりで、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになるのです。

表皮は皮膚のバリアです。
バリアが薄くなるとその下の真皮まで損傷を受ける確率が高まります。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。
年齢を重ねていくと、気になってくるのがお肌のシミですよね。
シミと一言でまとめることはできません。
その形状やできた場所によって、数種の分類(素人には全く意味がわからないことも少なくないでしょう)がありますから、症状に適した薬を、インターネットで検索したり、クリニックへ行くと言った対策もあります。

市販薬やクリニックの調合薬が万能なわけではありませんので、どうしてもシミが消えないといった時には、レーザーを当てて治す方法もご検討ください。シワを防止するためにも、メイクをした日は必ずクレンジングしてください。クレンジングをしないと、表皮にダメージを与えてしまい、すぐにシワができてしまいます。

また、顔を洗う場合には、洗顔料をちゃんと泡たてて、優しく洗顔をするようにしてください。



乱暴に洗顔したり、肌荒れを起こしたりといったことが、シワを作る原因になるのですので注意してくださいね。肌のシミが目立つので消したい。

有効な治療法は、皮膚科などで施術を行ってもらうレーザー治療やピーリングが挙げられます。
これらの施術を行なう上でのメリットとしてはただちに効き、時間をかけることなくシミを消すことができると言った点です。シミを消すのに病院までは考えてないのなら、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーに置いてあるシミに特化した皮膚薬を使用するか、美白成分であるハイドロキノンが使われている化粧品などを使うことでケアできます。


メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がコツコツスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)を続けている人にとっては特に、大変大事な時間だと言う事をおぼえておきましょう。

お風呂やシャワーの後ですとかきっちり洗顔を済ませた後の肌と言ったのは、水を撒くたらどんどん吸い込んでいく砂漠みたいな状態にあるのです。短くて重要なこのラッキータイムに何もしない、と言ったのはただただ勿体ないことですし、そんな大事な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。洗顔を終えたらすぐさま、タオルで水気をさっととって、化粧水をしっかり吸い込ませてあげてください。


しわ、しみ、そばかすは肌を老けさせて見えるので、なんとか最小限にとどめておきたいはずです。

年齢以上に肌を衰えさせる要因、その最たるもの紫外線でしょう。



しわの発生を抑えてるために帽子・日傘・ストールなどの活用のほか、日焼け止めを塗るなどして紫外線に当たる時間を極力減らすことが大事です。


もしやむを得ず日焼けしてしまっ立ときでも、ほてりがなくなるまで水や濡れタオルなどでクールダウンさせてからクリームや低刺激性の化粧水で充分なうるおいを与え、シミやシワの元を創らないように心がけましょう。
結果的に肌の劣化スピード(速い方がいいことが多いですが、一度コントロールがきかなくなると、事故に繋がる恐れもあるでしょう)を遅くし、いきいきとした素肌でいられるようになるのです。
近年では、美容に関する家電が普及していて自宅で簡単にエステ並みのスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)ができるのがとても嬉しいことです。



私はエイジングケア家電に今目がありません。



年をとらないうちにコツコツとエイジングケアを施していると、数年後のお肌が違ってくるかもしれないと思うので、がんばってケアしています。

肌質は個人差が大きいはずですが、肌が薄い人はシワができやすいと聞いたことはおありでしょうか。


シワができやすい自覚のある人は簡単に自己チェックできますので、確認してみましょう。
そうして、身体のあちこちで肌に血管が透けて、青い筋が見えているようだと、だいぶ薄い方かもしれません。

皮膚があまり薄い場合は皮膚に厚みがあると、そこに水分を充分溜めておけますが、そうでないと乾燥するのが早いので、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。


肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。
肌荒れに効果的なスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)のやり方のポイントは、洗顔することと保湿することの二つです。



顔を洗う時の注意点ですが、とにかく肌をゴシゴシしないようにして顔の汚れを落としてください。

顔をちゃんと濡らしてから、たっぷり泡立った洗顔料をのせて、泡を使用して洗うようにします。洗顔料が残留しないように、きちんとすすぐことも大切ですね。
Copyright (c) 2014 エイジングケア女子のひとりごとブログ All rights reserved.